妊娠線・肉割れに悩む方必見!!話題のオススメ最新妊娠線ケアとは

【PR:株式会社ミーロード】

お腹にいる赤ちゃんの動きを感じると「お腹の中に我が子がいるんだなぁ」って実感しますよね。

しかし、妊娠で子供が大きくなるにつれて子宮が膨らみ、お腹の皮膚がどんどん広がってきます。

すると、こんな風に妊娠線になってしまうことも…

妊娠線が残ってしまうことで、

・水着を着るのが恥ずかしい
・お腹が痒くなる
・旦那からだらしない体と言われる
・お腹を見るたびゲンナリする
・お腹がたるんで見える

こういった悩みが生まれますよね…

実際、妊娠線のできてしまった約90%の人たちが産後の妊娠線に悩んでいるそうです。

妊娠線はどうしてできるの?

妊娠線は、妊娠によって皮膚が急激に伸びることで発生します。

その部位は人それぞれですが、「お腹・乳房・お尻・二の腕・ 太もも」といった箇所で発生します。

基本的に皮膚は伸び縮みするので耐えれるはずなのですが、真皮や皮下組織の一部であるコラーゲンなどの弾性繊維は妊娠による急激な伸びについていくことが出来きなくなる場合があります。

その時に、弾性繊維が破断し、皮膚の表面から赤褐色の線が出てくるのを『妊娠線』と言います。

妊娠線は油断をするとすぐにできてしまいます。

 

産後の妊娠線にもオススメの最新妊娠線ケアって?

二人目を妊娠した時のことです。

先生に妊娠線のことを相談しました。

すると、

「妊娠線ですか?しっかりケアすれば目立たなくなりますよ^^」

って…

なんですとー!?

本当びっくりしました。

妊娠線ケアの大切なポイント

妊娠線対策としてよく聞くのが「保湿」です。

保湿もとても大事ですが、保湿だけでは妊娠線を防ぐことはできないのだそうです。

大切なポイントは、

1)食べ過ぎによる過剰な体重増加を防ぐ

2)保湿

3)お肌を柔らかくする

4)お肌に良い成分を補うこと

大きく分けてこの4つです。

そこで私が試したのが、ママケアクリームです。

ママケアクリームには、コラーゲンやプラセンタなどが含まれており、さらに全て無添加なので安心して使えます。

そして、安心の日本製!

だから、妊婦用クリーム第1位満足度97%の実績が出るんでしょうね(^ ^)

>>>ママケアクリーム公式サイトはコチラ

 

特商取引法に関する表記

 

   

 - ママケアクリーム