小さいことがコンプレックスだった私が

ちょっとした工夫でキレイになれちゃう方法とは?

姿勢の良い立ち方・歩き方

 
どんなにキレイな女性でも、どんなに素敵なファッションでも、姿勢の悪い歩き方をしていると、残念ながら総崩れになってしまいます。

たとえ、モデル体型の女性であっても、姿勢が悪ければ、あか抜けない雰囲気になってしまうものです。

まずは自分の立ち方・歩き方の癖を、全身鏡でチェックすることから始めてみましょう。

自分の悪い癖を見つけると、最初は悩んでしまいますが、これも「キレイになるための教材」だと思って、立ち方・歩き方を直すことが大切です。

ちなみに、お腹を中心に胸を立てること・膝と膝が離れないように意識すると、立ち方と歩き方は確実に変わりますし、痩せる効果も出てくるはずです。
 

毎日のお肌のケア

 
どんなに疲れていても、毎日のスキンケアの積み重ねがキレイを作っていくものです。

面倒だから、今日は疲れたからと言ってスキンケアを怠ったり、メイクを落とさないでいたりすると、後々後悔することになりますので、必ず行うようにしましょう。

また、高い基礎化粧品を使う必要はありません。

毎日使っても大丈夫であると感じる、あなただけの基礎化粧品を使って、毎日続けるということが1番大切なのです。

肌は生き物です。毎日のスキンケアの積み重ねで、徐々に細胞がキレイな方向へと生まれ変わっていくのです。

焦らず、毎日地道に続けることが大切です。

歯と口のケア

 
歯と口の中を清潔にしている女性は、文句なく素敵に見えます。

口元というものは、特に清潔感が大事です。

食後は必ず歯磨きをするという習慣を徹底し、お酒を飲んだりニンニクなどを食べた後には、きちんとブレスケアをしておくことが、キレイな女性のたしなみといえます。

スキンケアやメイク・ファッションに力を入れても、歯と口元に清潔感が感じられないと、全ての努力が水の泡になる、というくらい、歯と口元への配慮は大切です。

歯と口元は、その人が持っている清潔感が全て凝縮された場所だと言っても良いでしょう。

「この人だったら清潔感があるから、一緒に食事をしても気分が良い」と思ってもらえる女性こそが、キレイな女性です。
 

メイクを努力する

 
最近、ブログやYoutubeなどで神業メイクや整形メイクが流行っていますよね。

たしかに女性はメイクで別人になれたりするし、誰でもメイクでレベルアップすることが可能です。

どんなメイクがいいかは自分で研究したり雑誌を見て勉強できるし、プロに習いに行くのも良いでしょう。

今流行りのうさぎちゃんメイクや、少し前に流行ったネコメイクなど、流行を取り入れるのも良いですが、一番は自分に似合うかどうかが重要です。

そして、自分のメイクが決まりきってしまっていて挑戦できないのは残念ですし、綺麗になるチャンスを逃してしまっていると言っても過言ではないので、常に研究心と好奇心を持って自分の外見を磨くことも大切と言えます。

そして、やってはいけないのが、汚いメイク。

つけまつげが目じりから不自然にはみ出していたり、ファンデーションが濃すぎてヨレてしまったり、清潔感が無いのはNGです。

夏場はメイクが崩れがちなので、コマメに直すなど、清潔感のあるメイクを意識しましょう。

 

美容体操

こちらはオススメの美容体操です。

しっかり運動してきれいを手に入れましょう♪

1)小顔体操

2)くびれ体操

3)美脚体操

ぜひ自宅で試してみてくださいね♪

さらに詳しくきれいなスタイルを手に入れたい方はコチラへ

>>>今年のキレイは大村美容教室へ

 

      2017/04/30

 - 未分類