お医者さん推薦の寝る前に●●を行うだけで花粉症と脂肪を同時に撃退できる方法が話題に

shared-img-thumb-SAYA160105202992_TP_V

私は春が少し嫌いでした。

理由は「花粉症」と冬に蓄積された「脂肪」です。

毎年冬に体重が増えて夏に向けてダイエットを繰り返していたのですが、年々体重が落ちなくなってきたんです。

それに合わせて花粉症も年々酷くなり春が嫌いになりました。

鼻水も酷くてちぎってやりたくなる日もありました。

毎年春になるとマスクをして運動をしていました。

マスクしながら運動って結構苦しいんですよね(汗)

お医者さんは花粉症の薬は飲まないって知ってました?

花粉症って病院に行くと薬を処方されますよね?

でも、お医者さんは薬を飲まないんです。

根治治療が望めるシダトレンというクスリが保険認可された。

「スギ花粉のエキスを投与することで免疫をつけるクスリで、3年以上毎日投与しなければならないので自分には無理」(都内クリニック院長)

と、否定的な声が多数挙がったが、花粉症については、その他のクスリも飲まないと話す医者が多い。頭がぼーっとするなどの副作用が強く、症状を抑える効果も低いからだ。北海道大学大学院医学研究科の西原広史医師が言う。

「フェキソフェナジンやエピナスチンなど比較的新しい花粉症薬でも、薬価が高いわりに患者さんが満足するレベルの効果は見られないことも多い。ですが、何もクスリを出さないのも申し訳ないので、患者さんと相談の上、処方しています」

お医者さんの花粉症対策とは?

それは『乳酸菌』です。

そう、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌です。

即効性は薄いですが副作用もなく、何より体の免疫力が上がることで花粉症など外的刺激から身体を守ってくれます。

近年では、乳酸菌が免疫力を高めることでインフルエンザにも効果的ということもわかっています。

さらに、乳酸菌を摂ることで、

肥満の原因『デブ菌』を減らせます。

体が太ってしまう原因の1つにデブ菌があります。

腸のデブ菌とは「ファーミキューデス」と呼ばれる菌で、食べたものを栄養を必要以上に吸収して身体に貯蔵してしまいます。この菌の比率が通常よりも高い方は肥満になりやすいのです。

さらに「デブ菌」は悪玉菌の仲間で腸内で有害物質を作り出します。有害物質を含んだ血液はドロドロとしていて浸透圧が低いため細胞の中まで入りにくく、結果として内臓脂肪や皮下脂肪に向かい、血液中の栄養が脂肪として取り込まれてしまうのです。

そこで大事になるのが、『痩せ菌』と呼ばれる乳酸菌を増やすことでデブ菌を撃退し、腸内環境を整えることで痩せる体質へと変ることなんです。

そこで今注目を集めている乳酸菌というのが、
米国特許乳酸菌のガネデン乳酸菌を使った

スマートガネデン乳酸菌です。

ガネデン菌は肥満大国アメリカで、ダイエットのために作られた乳酸菌です。

免疫力アップや痩せ菌を増やしデブ菌を撃退すること以外に、脂肪燃焼をサポートするアミノ酸が通常の乳酸菌の130倍も多く含まれているんです。

しかも、1包あたり23種類510億個の乳酸菌が入っており…

ちょっとわかりにくいですね(笑)

ヨーグルト換算だと約42個分の乳酸菌です。凄いですよね!

スマートガネデン乳酸菌を摂取することで、

・免疫力アップ(花粉症その他ウイルス撃退)
・デブ菌を撃退し、痩せ菌増殖(ダイエット効果)
・脂肪燃焼をサポートするアミノ酸(ダイエット効果)

この3つの効果で私は嫌いだった春が好きになりました。

これも全てスマートガネデン乳酸菌のおかげです。

私のおすすめなので是非試し見ててください。

>>>スマートガネデン乳酸菌はこちら

   

 - 未分類