世界一歯が白い国『スウェーデン』の秘密を調べてみた!!

息ピュア 口コミ

 

shutterstock_251306197-700x434

北欧の国スウェーデンは、「予防歯科」先進国として知られています。そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

スウェーデンが「予防歯科」先進国と言われる背景に、国家の積極的な取り組みがあることは間違いありませんが、それだけではありません。過去の統計資料と、ライオン株式会社が2013年12月に実施した調査から、日本とスウェーデンの違いがはっきりわかります。その発見から、私たちがスウェーデンから学ぶことは実に多いのです。

スウェーデンは予防歯科の先進国として知られています。予防歯科の分野では、スウェーデンと日本がよく比較されますが、昔はスウェーデンも虫歯や歯周病で歯を失う人が多く、日本と同じ状況だったそうです。

そういった状況の中、1970年代、スウェーデン政府は予防歯科を推進する取り組みを始めました。国民全員に、歯科の定期検診や歯のクリーニングを受けることが義務づけたのです。一方日本では、予防歯科の推進よりも治療をする歯科医師を増やす方針がとられました。

そして、20年後。
スウェーデンでは、虫歯や歯周病が激減し、80歳の時点では平均20本も残るようになりました。治療をする歯科医院は増えたものの、メンテナンスが習慣化されていない日本とは天と地の差です。

ちなみに、80歳になった段階での歯の平均本数は、日本人は約8本。対して、スウェーデンは約20本、アメリカは約17本だそうです。

 

日本人は歯医者の受診率が低い!?

予防歯科には、月にどれくらいの人が受診しにくるのでしょうか。

日本人の1ヶ月におけるメンテナンス受診率は5%以下。なんとも残念な数字です。

予防歯科の先進国で知られるスウェーデンは、国民全員が歯科の定期検診や歯のクリーニングを受けることが義務づけられています。なんと、1ヶ月に国民の90%の人が歯医者に行っているそうです。19歳までは100%というので、驚きですね。一方、アメリカでは年収400万円以上の層で80%です。

この数字だけを見ても、日本人がどれだけ歯に対しての意識が低いか分かります。

日本人もこれからは歯に対する意識を向上させ定期検診や歯のクリーニングを受けることを勧めます。

>>>定期検診や歯のクリーニングの詳細はコチラ

 

      2017/03/06

 - 未分類